Top > No Music, No Life

No Music, No Life Archive

久々の音楽ネタ、雑派。

Ship Arriving Too Late to Save a Drowning Witch. / Frank Zappa (1982)

Zappaの音楽を聴く前に予備知識として雑誌等の記述を色々と読んでいると、天才だとか変態だとか好き勝手書いてあった。ただ、悪い評価は見たことが無かった。
丁度ブートレグを公式としてリリースする企画が進行中で、そのタイトルが「雑派大魔神フィルモアで逆襲」とか「~で激怒」とかそんな感じで、黄色い背表子でズラリと並べられていた90年代初頭。

所変わって今は無きIMFと言うレコードショップの棚にはZappaの再発された普通のCDが整然と並んでいた。前評判のあるアルバム群を敢えて避けてジャケ買いしたのがこれだった。

辿りつくのが遅すぎて溺れる魔女を救えなかった船。なんつータイトルじゃ。でもジャケットデザインはシンプルでカッコいい。

全6曲で、高音域バックコーラスを従えたノリのいい1曲目。yam yam!
メドレーのような感じで始まる2曲目が”Valley Girl”。変拍子な曲の進行に合わせて女の子が喋ってる(ボーカルも同時進行)んだが、実はZappaの娘がぺちゃくちゃ喋ってるのを録音して継ぎ接ぎしている云々とライナーに書いてある。この喋り方がまた日本で言う昔のコギャル言葉のアメリカバージョンのようなもので、Valley Girlをググると高級住宅街の女の子たちのスラングがどうのこうのとの記述があり、よく出てくるのが”I’m sure”、”Totally”、”Like”、”Bitchin'”、”Oh my God”とかまぁとにかく大仰な抑揚をつけてまくし立てるのだよ。
なんかもう、気に入ってしまった。
3曲目の演奏とボーカル(Zappaではない)が全く噛み合わないのも妙なバランス感覚。
4曲目は複雑な構成で12分超。5、6曲目は短いながらもインパクトはある。かも。
(追記、ちょっとググって見たら、B面の3曲はライブ演奏だと!ホントかいな。流石ですな。)
やはりこの人、只者じゃないと思った若き日の思い出である。

このアルバムを購入した前後にFrank Zappaは亡くなってしまった。まだ50代だった。

mp3をランダム再生していたら出てきたので思いつくままに書いてみた。

今夜は…何を聴こうか。

高校生の頃クラス文集のようなものに、僕から音楽を取り上げても無駄だ、そう、僕が音楽そのものだから、みたいな文を寄稿した奴がいたが、元気にしているだろうか。そして奴は今どんな音楽を奏でているのだろう…。ちなみにそいつは見た目はSting似だがデビッドと呼ばれていた。

Stingと言えばThe Police、これは結構はまって聴いていた。と言うか今でも聴いている。今夜は”Synchronicity”でも聴くか。「見つめていたい」は超有名だけど、歌詞は殆どストーカーなのであった。「君がするどんなことでも僕は見つめているだろう…」きええ。特徴的なギターリフはAndy Summers発案とのことで、Robert Frippとのコラボレーションアルバム”I Advance Masked”にその原型らしきものがあるのはあまり知られていないかも?

と言うわけで、久々にこっちを聴いてみる。ギタリスト二名の実験音楽的趣がぷんぷんするぜ。1982年発売。きっと売れなかっただろう。そもそもAndyが商業的なところから離れて音作りをしてみたいってなコラボではあるのだ。
それにしても、Frippのギターソロは特徴的過ぎる。Enoの”Another Green World”でもあちこちで炸裂しているのは既に記した。

彼はDaryl Hallの初ソロアルバム”Sacred Songs”をプロデュースした時も好き勝手やりすぎたために?当時のレコード会社がHallのイメージダウンを恐れ、発売を2年半延期させたと語られているほどだ(1977→1980)。まぁ数曲、Daryl Hallにしては前衛的な味付けかなぁと思わないでもない。
久々に聴くと中々いいわ。

※画像をクリックしてもamazonのアフィリエイト等には飛びません。

今夜のBGMはAvalon / Roxy Music。

AvalonはRoxy Musicとしては最後のアルバムになるのか?1982年発表。
独特の音空間と言うかBryan Ferry色と言うか、一発でそれと分かるエコーの掛かったあの音が心地良い。声は下手すると気取りやがって!となりそうだが気だるさと嫌味を感じさせないギリギリのバランス。例によって歌詞はあまり重視してないので何言ってるかは良く分からない。一曲目の”More Than This”で「これ以上のものがあるなら教えてくれ、これ以上のものは無いんだ」とか歌ってるところを見ると現状肯定なのか保守なのかとにかく今が一番だと言いたいのか。

耳障りが良くて疲れないので何となく落ち着いた気分になりたい時は好んで聴く。
四六時中同じ系統の音楽ばかり聴いてるわけじゃないし、ハード系の音を受け付けない時はEnoのAmbient系とかSoft Machineの3rdあたりのJazz Rock系とか…。

ヴォーカルで作詞作曲もこなし実質的にバンドの中心人物のFerryはミスターダンディズムとか渋カッコいいと言われるけど、若い頃の写真見ても同じなので単なるオッサン説もある。その他メンバーも色々あるんだけど省略。ギターのPhil ManzaneraとかサックスのAndy McKayとか言っても知名度無さそうであるし。

ところで、以前レンタルCDからテープ(DAT)にダビングした時とその後購入したCDとでは曲順が違っているのは何故だ。今の曲順が正しいらしいが、世の中には謎が多い。

Atom Heart Mother、邦題「原子心母」。

恐るべし直訳な邦題だ。
PCで作業中にmp3で取り込んだ楽曲をシャッフル再生していたらこの曲が流れたので…。

俗に言うプログレッシブ・ロックの大御所、Pink Floydの大ヒットアルバムのタイトル。1970年発表。
このアルバムの表題曲を初めて聴いたのは二十歳そこそこの頃、偶然つけたFMラジオであった。
初めて聴いたにもかかわらずPink Floydの「原子心母」だと確信があった。何故かは分からないけれどもそんな音なのだ。その後結構早くにCDを入手したようなしないような。

しかし24分弱もある曲その他をノーカットで流すとは恐るべしNHK-FM。DJはもちろん渋谷陽一氏であった。ジャンルを広げようとロックアルバムガイド本とか参考に読んだ若かりし頃。結論としてはそんなの買うよりもCDを買えっちゅー話ではある。
そう言えばRockin’ Onも立ち読みすらしなくなって久しい。情報は専らwebからだ。つーか渋谷氏はあの雑誌から離れたんだっけか?多分検索すれば答えは見つかるのだろうが、どうでもいいのでほったらかし。

脳を刺激するlistening。

ネタにつっこみ辛いと言われる今日この頃、如何お過ごしでしょうか。

昔、そう20年以上前に短波放送ながらサイパンから日本向けに24時間アメリカヒットチャートの曲を流し続ける放送局があった。その名はKYOI(キョイ)。
音質と安定度の悪い短波で良くやるよと思いながらもいつもBGMにしていた。
そのうちに資金難になり2000円の義援金を!ってなアナウンスが頻繁に入ったり、同じテープばかり繰り返されるようになり、英語のニュースみたいなものが入るようになったかと思ったら入感し辛くなる。そしていつの間にか廃局されていたと言う…。

当時エアチェックしたテープ(即ち80年代洋楽ヒット曲集)はその後DATに移され今でもたまーにBGMになっている。音質は悪いけど。
あるときふと全曲名とアーチスト名を書き出してみようと思い立ち、7割方思い出したところで放置されていた資料が部屋の整理とともに発掘された。

その後はGoogleと言う検索エンジンと海外の歌詞サイトそしてYoutubeのお蔭で9割まで判明した。
見つけ方はとにかくヒアリングして声質からボーカルを推測。また単語・熟語をいくつか拾い検索ワードに”lyrics”を加える。大体こんな感じ。
そしてYoutubeでPVを探し当てて確認し一件落着となる。
この作業でうまく探し当てられたときの感動は中々味わえないよ!何しろ20年も放置されていた謎解きのようなものだ。

しかしどうしても判らない曲がいくつか残った残った。
ヒアリングがまずいのが原因なんだがいかんせん音質は悪いしフェージングがあったりと条件は厳しい。
判らないと気が済まないのが人のサガ、しかし自分ひとりじゃ限界があるので洋楽に詳しいMr.Tに協力をお願いしたら翌日には2曲も正答を導き出してくれました!
流石(さすが)です、流石(りゅうせき)です、流石(ながれいし)です(byドロンジョ様)。

Mr.T曰く、リスニングテストみたいで脳に良い刺激が与えられたとのこと。脳トレか。ご協力感謝します。残る4曲も判ればいいなぁと思ったり思わなかったり。

私も協力できるかもしれないと言う方はご一報を是非。

最近良く聴くCD。Brian Enoとか。

Another Green World/Brian Eno

Another Green World/Brian Eno、 1975年発表。

70年代Progressive Rock周辺が好みの音楽と言いつつも浅く広くではなく狭く深く聴くタイプなのでそう多くのミュージシャンを語れるわけでもないのが玉に瑕。

Brian Enoを聴くきっかけはKing CrimsonのリーダーにしてギタリストのRobert Frippとの共作を発表しているからである。かつてはRoxy Musicのメンバーで美形だった(!)のでボーカルのBryan Ferryよりも人気があり、嫉妬されてクビにされたとか。曰く、グループに二人のブライアンはいらない、だそうだ。綴りが違うんだけどね。
担当楽器もテープとかノイズとかそんな曖昧で良く分からない位置であった。Ferryと仲違いしたのは間違いなさそう。

まぁその共作一作目”No Pussyfooting”はインストゥルメンタルでA面B面一曲ずつしか入っていなくて実験音楽なんだか環境音楽なんだか、なんともかんとも。Enoのシンプルなシンセサイザーの上をFripp先生のロングトーンなギターが跳ね回る、でいいのか?…音を説明するのは難しい。

それに比べるとこのアルバムは全14曲で、けだるい感じの柔らかいボーカル曲とその後のAmbientへの布石っぽいとも思えるインスト曲が半々。独特の音空間な感じだけど案外聴き易い。
ちなみにFripp先生もギターで数曲参加していて、聴けば一発で分かるあの音色で弾きまくっている。他にもゲストは多く、例えばドラムスはPhil Collins(当時Genesisのドラマー兼時々ボーカル)だったりするんだがあまり特徴とかは無いなぁ。

このあとのEnoはアンビエントなる環境音楽へとシフトして行くがそれはそれで面白い「音楽」だ。”Discreet Music”や”Music For Airports”の制作スタンスは偶然の要素を多く取り入れている。例えばピアノやオルガンのフレーズを数小節録音したテープを複数同時に繰り返し再生させて一部を抽出する、とか。卓越した演奏技術とかは一切関係ない。まぁあくまでも考えられた上での偶然を曲作りに利用している訳か。

BGMとして聴くことの出来る、何処から聴いても一連の流れに拘ることなく聴ける音楽、それがEnoの言うAmbient Musicなのだろう。
ただ、そうした作り手の努力も空しく、その音に意味を見出そうと一生懸命に聴かれてしまうのは一種の禅問答のようでもある。

Another Green Worldは前述のけだるいボーカルも相まって、ちょっと憂鬱な梅雨空のBGMに合うような気がして最近良く聴いているのであった。本国イギリスに梅雨は無いだろうけど。

ちなみにアマゾンのサイトで試聴が出来るかもしれないので興味のある方は検索してみてはいかが。

p.s. 「ぶらいあん・いーの」と発音してね。えのじゃないよっ。
p.s.2 upload後に細部の書き直しを4回くらいした。推敲が足りんのだ。

No Music, No Life.-誰が言ったか知らないが、よく見かけるコトバである。

普段どんな音楽を聴いているのか?と問われたら、めんどくさいので洋楽と答える事にしている。

いまいちメジャーなんだかマイナーなんだか微妙だが、King Crimsonが好きだ。公式CDは殆ど持っている。その他プログレッシブ・ロック系統、80年代ロック・ポップス等々も聴く。
とは言えいつも洋楽ばかりでもなく、ゲームミュージックをBGMにすることもある。一つだけはっきりしてるのは、日本語ボーカルものは殆ど持って無いと言うことだ。

音楽の聴き方は人それぞれだろうけど、ボーカルも楽器の一部として聴いてきたので歌詞が頭に入ってこないようになってしまった。歌詞を否定するわけでは無いんだよ。本当だよ。必ずしも口ずさめるものが必要って訳じゃないって事だよ。

King Crimsonの場合構成が凝っていたり変拍子だったりと素直にノレる曲ではないのがかえって聴き手に注意力を求め、印象に残る。デビューは古く1969年、幾度ものメンバーチェンジと解散、再結成、再々結成等を経て現在休止中(今年は再始動するとか?)。
そのリーダーことロック界一の偏屈王Robert Frippも既に還暦を超え最近では過去のライブをちまちまとwebでダウンロード販売して生計を立てていると言うか、あるならさっさと出してくださいこっちは待ってますよ、という感じである。本業の方も頑張って欲しいものだ全く。

PCに向かって作業してる時はmp3を鳴らしている事が多い。若しくはラジオか。
音楽が無ければ随分寂しい生活だろうな。
とは言え、耳障りなチャラチャラした曲なんて聴く気はしないぞ。FM放送はどうしてああなんだろう。
小沢昭一の小沢昭一的こころは面白くてつい聴いてしまうのに。と言うか、まだ放送してることに最近気付いた。長寿番組だね。

と言うわけで、明日も人生は音楽と共にある、のこころだぁー!

> No Music, No Life

Search
Feeds
Meta

Return to page top