Top > Bicycle Life

Bicycle Life Archive

返ってきたホイール、その他もろもろ。

待つこと約一週間、Frogのホイールとご対面。
見事にクロスしてます。編み込むような組み方なのはわざとなんでしょうね、多分。
タンジェント組みです

早速春分の日に試走してきた。朝冷え込んだので桜島が冠雪しているとのニュースを聞いたのでドルフィンポートまで。山頂北側にうっすらと残ってました。でも昼間は暖かかった。やはり季節は春なんだな。
縮小したから見にくいかな?

夜は夜で久しぶりに来鹿した後輩らと夕食つーか居酒屋へ。なんかいい意味でちっとも変わってなかったかな。旅好きなやつだから結構どこそこ行ってるそうで。他人の旅の話は面白い。つーかパソコン買えよ~。別にコメント付けろとは言わないから…。
PCの無い生活なんて、ネットにどっぷり浸かっている自分らからすると信じられない。でも携帯で賄える部分が多くなってきているのも事実なんだな、と実感した。
思えば自分も旅先で携帯・PHS使ってちまちまと情報収集とかやってる。非日常を求めてるはずなのに日常を引きずらないと生きていけないのかよ、と思うことしばし。いとをかし。あはれなりけり。

ぽきぽきスポーク続報。

続報と言うほどのことでもないんだ。
例によって自転車のことはプロに泣きつくワタシ。問い合わせの結果、どうやら代理店の方でもスポーク折れ頻発の件は把握していて対策品のセットが用意されているらしい。2007年モデルは組み方が変更されてるのはそういうことだったのだ。在庫も何とかあったようで、早速ホイールを預けてきたよ。
これでちっとは安心して漕げるようになればいいんだけど。

小径車のデメリットなのか…

我が折りたたみ自転車のFrogは12インチのホイールサイズだ。コンパクトに折りたたむことを優先した結果の選択でしょうな。おかげで中型のコインロッカーに入れることが出来るのよ。ちなみに兄貴分のBD-1は18インチだ。
しかし…この半年で後輪のスポークが二回も折れた。小さすぎるのも考え物か。
そのスポークも極端に短いサイズ。基本的にメンテナンスは自分でやる派なんだが流石に自転車用の工具、ねじ切り器(正確には転造器だ)は持ってないし…。んでプロにお世話になってます。
坂之上サイクルステイションの中島さん、いつもありがとうございます。
ちなみにブログはこちら。まめに更新していてネタ満載です。誰かさんとは大違いだ(笑)。

まじめに作業中

Frogのリアホイール

プロ曰く、このスポークの組み方は折れやすいそうだ。タンジェント組み、つーのが一般的に用いられているらしい。もう少し様子を見て、将来的には組み直しも視野に入れておこうと思ったのであった。
乗り方ももっとソフトにせねばならんかな。と言ってもハードに走れるような自転車ではないってば。

いくら南国でも、冬は寒い方が好きだ。

暖冬にもほどがあるって。
今日の鹿児島市の最高気温は19℃だとさ。自転車で疾走(と言うほどスピードは出ないが)したら汗かいたよ。花粉も順調に飛んでるらしく、ぼちぼちむずむずしてきたようなしないような。
今日は快晴だったが明日は雨になるとか。H2Aの打ち上げがまたもや延期されたねぇ。失敗すると何百億の損失だから仕方ないけど、取材のマスコミ陣は滞在費がかさんで大変かもね。裏を返せば、地元種子島は大儲かり。ロケット様々だったりして。
どうでもいい話だが、種子島の海の玄関、西之表港の灯台はロケット型である…。

桜島もくっきり

自転車生活、その後。

日頃の運動不足を解消するために、ちょい遠くでもなるべく自転車で出掛けるようにしている。しかしやっぱり10kmを超えると右膝がうずき出すんだよなぁ。

ポジションを変えてみたり漕ぎ方を変えてみたり。ワタシの場合、ちょいがに股気味で漕ぐ方が膝に負担が掛からないようだ。元々右の骨盤のズレが大きいようで、座って脚を伸ばすと左右の足先の開き方が違うことでも分かる。しばらくこれでペダリングして様子を見よう。でも他人にはお勧めできないぞ。

んで久しぶりに県立図書館に行ってみたんだが、エアコンが微妙に冷えていて寒かった。あそこは室内でも厚着がオススメです。学習室は知りませんが…。

Continue reading

自転車生活への道は…

昨年の梅雨前に折りたたみ自転車(R&M Frog)を買った。
それから近所の買い物やフェリー日本一周の旅に持って行ったりとちょこちょこ走り回っていたんだが、11月の某自転車店主催サンデーサイクリング以来右膝痛が出るようになってしまった。あの時は距離は無いにしろ小径車にはちときつめのヒルクライムがあったから、それが原因かとも思う。
要するに日頃からの運動不足な体で無理しちゃイカンと言うことだよ。

自転車で走るとバイクとはまた違った視線でものを観ることが出来るのだ。良いところは自分の力のみで遠くまで行くことが出来る事。今更ながらの発見があった矢先にこの故障は辛いものがあるぜ。
今回は10km走ったあたりから違和感を感じ始めた。片道5km以内の移動に留めろと言うことだろうか。うーん、勿体ないよそれは。まぁ仕方ないからだましだまし乗っていくしかないんだろうな。

> Bicycle Life

Search
Feeds
Meta

Return to page top