Top > Archives > 2008-07

2008-07

今週もナイトツーリング、ゲストあり。

先日より興味を示していたケイボウ氏と大魔神そしてワタシの三人でのナイトツーリング。同じく興味を示していたぐっさん氏は残念ながらお仕事?とのコトで、またの機会に走りましょう。

またもや自販機に群がるバイクと人

集合場所では大魔神が冷やし中華を食べていた。腹が減っては何とやら。
ケイボウ氏とは昨年のフレックスエンデューロ以来とは言え殆ど初顔合わせ。気合の入ったTT-Rである。ハンドル下両側に付いているLEDライトがプリティ。しかし写真を撮り忘れた…。

簡単なミーティングの後、出発。

超高感度デジカメが欲しいわ

平川林道から入って前回の逆周りへ。大魔神は相変わらず安定して速いのう。露払い、と言うかクモの巣払い大儀であった。ケイボウ氏も初めてとは言え中々のペースで走っていた。
乾燥した日が続くせいか、埃が物凄い。HIDの光が反射しまくって前が見えないこともしばしば。
よさりのラリーでは度々霧がでてやはり目の前が真っ白になる。色温度が高い(白っぽい)から霧に弱いのよね。

途中林道入口で休憩。ここでケイボウ氏のLEDライト大活躍。
夜風が涼しい。月は出ていなかった。お蔭で星が良く見えること!天の川なんて久しぶり。大魔神的にはいつものコトらしいけど…。

大魔神、幽体離脱の術

またしばし走った後に知覧某所の自販機で休憩。夜分お騒がせします。
例によって今日の感想やら雑談をしつつ、ケイボウ氏とはここでお別れと言う事に。また平川まで下ると遠回りらしいので。
#ケイボウ氏のweblogによると、楽しんでいただけたようで何よりです…。

自分的にはかなり感覚を取り戻してきたかな?楽しく走れるのが一番。
あとは古いマシンをトラブル無く走らせることでよさりのラリー完走への道が拓けるであろう。まだエントリーしてないけど。
闇大福エンデューロは予算の関係で出られません、あしからず。

大魔神とナイトツーリングしてきた。

自販機前に集まる虫のようなバイクたち

日曜の夜、天気もいいようだしライトの準備も出来たので大魔神とひとっ走りしてきた。

大魔神:「監督」氏のXR-BAJA改。ノーマルでも明るい大口径ライト×2。足回りとエンジンはかなりチューンしてある。
ワタシ:CRM250Rにバッテリー搭載+HID。その他はほぼノーマル。

夜は涼しいんだがダートを走ると汗をかく。分岐で止まったりするとゴーグル・メガネが曇る。曇り止めが必須だ。

二人だけだしゲロセクションも無いのでサクサクと走る。一箇所土砂崩れ現場はそのままだったが事前に調査済みなので落ち着いてクリア。
そしていつもの知覧で休憩。自販機には虫が群がっていた。夏の夜の風物詩だなこりゃ。

草が生い茂っているのは温暖化に関係あり?予算が無いから整備しないだけか、とか勝手な話で盛り上がる。
ところで平川林道ではウサギを見た。先行していた大魔神は猪、狸、ウサギと見たそうな。猪鍋…。

見上げると空には月が浮かんでいた。
知覧にて。やはり明るいところに…

また週末に走ります。興味のある方はコンタクトしてくだされ。
ナイトツーリングの魅力はとにかく走ってみないと分からないと思う。ワタシも初めはノーマルライトでコマ地図読まされたり(あまつさえ、藪の中を走らされたり)と鍛えられました。
暗いライトで諦めてしまうか、改造の道へと進むかは人それぞれということで…。

今夜ナイトツーリング、行きます。

集合時間、20:30。集合場所、いつもの平川コンビニ跡地あたり。

突然決めたのでこれを見て来る人はいないとは思うが、一応。

ナイトランの下見を兼ねて。

ピレリMT21が安くで手に入ったのでCRMに履かせてみた。以前から砂利道には向いてるし耐久性もあると助言を受けていた(O漉氏とかから)のだが何しろこのタイヤ、高いのだ。
天気もいい日曜だったのでナイトランの下見も兼ねて林道を試走してきた。久々のソロ活動だ。

見晴らしの良いポイント

平川林道も伐採が行われて見晴らしのいいポイントが増えた。何を隠そう前を隠そう、初めて走った林道はここである。当時はタイミングが悪かったのかとても荒れていた。今は結構定期的に補修しているようで走り易くなったものよ。狭いけど。

峠を過ぎ通称ミラー林道(以前は大荒れだったので転倒続出で走るたびに誰かがミラーを割っていたのでこの名がついたらしい)を下まで駆け抜けた。近頃の皆の衆は途中で茶畑・集落を経由して反対斜面の伐採山方面へ行ってしまうので誰も走らないセクションは草ぼうぼうだった。要するに地元のヒトも使わないのね。

ここは多分…

以前元工場長とナイトツーリングしていた時に道に牛が突っ立っていてかなりびっくりした記憶のある牧場横ダートを抜け、知覧町あたりのダートを走り繋いでいると分岐を見つけた。と言うか多分知っている道だ。

橋が落ちていた

案の定、昔じょーおーが落ちた橋(の残骸)があった。丸太が渡してあるがとても越えられる気がしない。ちなみに幅4m落差3mほどか。この先は土の路面でつるつるしてて面白い道なんだけどね、残念。利用価値が無いから放置プレイなんだろう。

おぉ走りやすーい

かと思うとしばらくぶりだからか新しいハイスピード砂利道が出来てたりする。いかに永くこの辺を走ってないかってことか。いや、A氏らと走るとどうしてもアタック・ゲロ系を繋ぐので砂利道が省略されているだけか。
自分的には速く走り抜けるよりもスムーズに走破出来るコトに喜びを感じるタイプなのでソロだと結構ゆったりしたペースで走る。安全第一デスよ。つーか遅いだけだ。

と言いつつ往復してきた。新品タイヤはいいねぇ。そしていつものナイトツーリングルートに戻った。ハイスピード砂利道系を二本繋ぎ、武家屋敷方向へ抜ける林道黒仁田線へ。半分ほど走ったところで、土砂崩落現場。

既に轍が出来ていた

林道塾の面々?が既に轍を作ってくれていたのであっさりと通過。
うーん、やっぱり下見無しにナイトランしていたら危ないわ。
まだ日も高いので近くの名無しダートを二本ばかり走ってきた。どちらも草や枝葉が茂っていて走り難い事この上なし。伐採してくれ。

大谷林道は途中のゲート付近500mほど舗装されていた。利用価値はあるようだ…。つーか、上りきった分岐の鎌塚林道も舗装されていた。この道と言えば上りでいつもオーバーヒート気味のMTX50Rで走っていた頃、道端で休憩した時にカニさんを見つけたコトもありました…。

平川林道を下っていたら途中で必死に方向転換しているオデッセイ?だったか定かではないがミニバンクラスの乗用車がいた。手を出してくいくいするので黙って手を上げ先を譲ってもらった。

途中あまり休憩しなかったので国道沿いの自販機で一気に500ml飲み干したのであった。

次回はHIDを組んでナイトツーリング予定。どなたかご一緒にいかが?

圧力鍋購入。

とりあえずご飯を炊いてみるとおいしく出来た。
保存はできたてのうちに小分けにしてプラ容器に入れ、冷ましてから冷凍している。
ジャーに入れっぱなしはすぐおいしくなくなるので冷凍保存はオススメ。食べる時はレンジでチン。

煮物はあまりしないのだが折角なのでレシピに載っていた豚の角煮を作ってみた。
レシピと言えば、みりんなんて初めて買った。ちょいと調べてみると本みりんとみりん風調味料とある。
お酒だと言う認識はあったが、酒税もちゃっかりかかっているし以前は酒類販売の免許が無いと扱えなかった。それでアルコール分の無いみりん風~とかのニーズがあったらしい。へー。

早速レシピ通り作る。
豚バラブロック、葱、生姜、水等を入れて煮る。
圧力鍋は蒸気を出し始めてから弱火にして加熱する時間を正確に計らにゃならんのだが時計とにらめっこするのも案外面倒なのでキッチンタイマーも買ってきた。100円ショップもので充分だ。設定時間を経過するとアラームが鳴ってくれる。
一旦鍋から出して切り揃えて調味料を入れてまた圧力勝負…。

果たして結果は…と言うと。

味もしみてうまかった

上出来です。うまかった。他に副菜が無いのが悲しい。
しかし豚バラブロック411グラムで760円は高かった。そう頻繁には作れないわ…。

次はカレーかな。
オススメレシピ募集中。

九トレからよさりのラリーの案内が来ていた。

まだまだ梅雨の明けない九州南部。

軟弱ライダーなので5月以来林道を走っていない。久々にハイエースからCRMを降ろしたら前後とも空気が抜けていた。
どのみちタイヤも交換時期だからチューブも換えよとのコトだろう。

ガソリンもレギュラーが190円近く。きええ。
燃費のいいXRに乗れとのコトか。ハイオク仕様だが、二倍近い燃費の開きがあるからな。
今年のよさりのラリーはCRMで出ようかと思ってるんだが、ここまでコストが上がってくると二の足を踏まざるを得ない。

ちなみに過去の参加車両、仕様概略:

2000年 第1回 XR250R  大型プラ角レンズ+ヘルメットライト
2001年 第2回 CRM250R  〃
2002年 第3回 CRM250R  〃
2003年 第4回 XR250R  XLR-BAJAライト(丸型二灯)、一灯はHID投入、明るいよー
2004年 第5回 XR250R   〃
2005年 第6回 CRM250R  〃
2006年 第7回 XR250R  大型プラ角レンズ、やっぱり暗かった…
2007年 第8回 XR250R  NSRガラスレンズ+HID、コンパクトで明るい
2008年 第9回 うーむ、検討中。

リアタイヤはずっとミシュラン コンペIIIを使ってたけど、今年はAC10にするであろう。ズバリ安いから。

そして今度こそ、オンタイム賞を狙いたい。それぐらいしか狙えない。これが無くなったら出る理由が半分無くなるわ。スピードじゃ勝負できないもので。

Top > Archives > 2008-07

Search
Feeds
Meta

Return to page top