Top > Bicycle Life > 小径車のデメリットなのか…

小径車のデメリットなのか…

我が折りたたみ自転車のFrogは12インチのホイールサイズだ。コンパクトに折りたたむことを優先した結果の選択でしょうな。おかげで中型のコインロッカーに入れることが出来るのよ。ちなみに兄貴分のBD-1は18インチだ。
しかし…この半年で後輪のスポークが二回も折れた。小さすぎるのも考え物か。
そのスポークも極端に短いサイズ。基本的にメンテナンスは自分でやる派なんだが流石に自転車用の工具、ねじ切り器(正確には転造器だ)は持ってないし…。んでプロにお世話になってます。
坂之上サイクルステイションの中島さん、いつもありがとうございます。
ちなみにブログはこちら。まめに更新していてネタ満載です。誰かさんとは大違いだ(笑)。

まじめに作業中

Frogのリアホイール

プロ曰く、このスポークの組み方は折れやすいそうだ。タンジェント組み、つーのが一般的に用いられているらしい。もう少し様子を見て、将来的には組み直しも視野に入れておこうと思ったのであった。
乗り方ももっとソフトにせねばならんかな。と言ってもハードに走れるような自転車ではないってば。

Comments:0

Comment Form
Remember personal info

Top > Bicycle Life > 小径車のデメリットなのか…

Search
Feeds
Meta

Return to page top