Top > Archives > 2010-05

2010-05

携帯電話の電池を換える。

携帯電話のバッテリーの持ちが悪くなってきた今日この頃。
特に通話時間が増えたとかメールしまくっているとかではなく、経年劣化によるものと思われる。何しろ機種変更したのは2年以上前だ。

NTTドコモでは2年以上同じ機種を使い続けていると新しいバッテリーがタダで貰えるサービスがあると聞き、早速ドコモショップで手続き。在庫がないので約一週間で届いた。
※正確には在庫はあったのだが、後継機種で使うバッテリーが全く同じサイズで容量アップしていると言う情報を入手したのでそちらを希望したのだ。純正ではないのでもしも嵌まらなくても保障できません、とやんわりと念を押されたけれども。担当のおねえさんありがとう。


3.7V 830mAh → 870mAhとなった。
よく考えてみると、旧機種で果たして容量一杯充電出来るのだろうか…。疑問は残るのであった。

パーツの入手に悩む。

絶賛放置プレイ中AR7030PLUS。4ヶ月ぶりに電源を入れてみるが、いきなり大音量である。設定がリセットされて、時計表示は文字化け。
周波数を合わせると受信は出来る。AGCはオフになってるしRFゲインは最低レベルだし…この辺は設定しなおせばいいけど、フィルタが選択出来ないのでSSBはダメだ。
どうやら電源オフで設定が残せない。

AOR UK archiveにあるMS-DOSで動くアプリを使い、シリアル接続してEEPROMの書き換えを試みるもやっぱりエラーが出て上手くいかない。
同サイトにリモートコントロールに関する文書を発見。その中に、
“EEPROM – where frequency, mode, filter and PBS information for the frequency memories is stored. Additionally S-meter and IF calibration values are stored here. This memory can be read or written to download and upload the receiver’s frequency memories, but repetitive writing should be avoided because the memory devices will only support a finite number of write cycles.”
とあった。google翻訳
要するにメモリー周波数と設定はEEPROMだよ、書き換え制限があるので気をつけろよってことらしい。

他にも理由はいくつか考えられるが、EEPROM自体が壊れて正常に書き換え出来ない可能性が高い。
蓋を開けて中を覗いてみると、ソケット仕様ですぐに取り外せるようだ。形番からweb検索をかけてみると同等品は100円しない値段で売っている。しかし送料に500円はかかるので通販には二の足を踏んでしまう。

ちなみに地元の電子部品を扱う電器店は二店あるがどちらも取り扱いは無かった。
やっぱり通販で買うしかないのか。こんな時は都会が羨ましい。

追記:件のEEPROMの隣にも表面実装のEEPROMがあった。こっちがいかれている可能性もあるなぁ…。

ブーツその後。


革があまりにも干からびていたのでオイルを塗りこんでみた。数日かけて4回ほど。
しっとりと馴染んでいい感じ。
正確にはシューグリース(Kiwi Dubbin Shoe Grease)で、防水性も多少は期待できそう。
もちろん縫い糸にも塗りこんだ。
…出来れば耐水試験はやりたくないけれどね。

 
オフロード走行にブーツは不可欠と考える。先日の転倒時も二度ほど足首を挟まれた。
一度目はちょっとしたヒルでエンストしバランスを失って立ちゴケ状態。
二度目は砂利の林道でちょいとスピードが乗っていたから、もしゴツいブーツを履いていなかったら捻挫は免れなかったかも。
お値段も結構張るけど、使い方と手入れ次第では長持ちするのでまだお持ちでない方は是非…って、ここを見る人は基本的に林道ライダーなので持ってないほうが少ないか。

Online networkとexistence。

久々にmixiでマイミクを増やしてみた。旧知であっても返事が来るまではちょっとドキドキするもんだ。もっともあまりログインしないので意味ないような気もするが、ネットワークを多方面からも拡げておくのは悪いことではあるまい。
マイミクのマイミクを色々見ると意外な繋がりがあったりして面白い。

とりあえず流行りモノには手を出してみると言うことで、Twitterのアカウントもある。あまりつぶやかないけれども見つけたらフォローしてくださいませ。
それにしてもいまいち活用方法がはっきりしない。知り合いは少ないし。
Time Lineを眺めていると、公開チャット状態で使う輩も多いようだ。

チャットと言えば一時期連日ログインしてはどーでもいいことを延々駄弁っていた。あの頃は様々な理由も重なって仲間内で盛り上がっていた。それが講じてオフ会で東京まで何度か足を運んだものよ。その某所のチャットも今や閑古鳥が鳴いている。皆それぞれの居場所を見つけたのだろう。それはオンライン上とは限るまい。

何だかんだ言って、我がナイト隊websiteは結構長く続けている。バナーによると2001年10月8日から、何度か移転してドメインまで取っている。メインコンテンツは極私的視線による写真公開ぷらす細々と日誌公開。あまりやる気は感じられないかもしれないが、それこそが細く長く続けるコツかも。
そして今日も駄文で自己の存在を示すのだ。

ブーツの修繕。


さて、ブチブチと切れてしまったベルトをどう再生したかと言うと、


ビニール被覆のワイヤーでループを作ってみた。
昔のガエルネか何処かのブーツってこんな感じで留めてたのを思い出したので。急遽加工した割にはキチンと持った。欠点は耐久性が不明なのと微調整がすぐに出来ない(出来るけど面倒くさい)ことか。

それにしてもこのブーツも長いこと使っているのでソールは剥がれて木ねじで留められ、耐水性は皆無で中がすぐに水浸しになる。しかし、壊れたら直せばいいのだ。部品が無ければ作ればいいのだ。
クルマやテレビや最近ではLED電灯?まだ使えるものをほいほい買い換えるなんて…。そこに需要が生まれることも重要ではあるが、日本人はもったいない精神を思い起こすべきだ。
それこそエコに貢献ってもんでしょう。

ぐっさんプロデュース。

2daysに参加できずにうずうずしていたところに、急遽決定したらしい「爽やか」林道ツーリングの企画。
ぶっ壊れかけのブーツの修復も何とか間に合い、久々の林道ツーリングへ行ってきた。

案内人は姶良溝辺方面に詳しいぐっさん。訊けば1/25000地形図片手に自力開拓していると言う。あんたはエライ!(古)。
その他メンバーは大楽さん、Tさん、私の計4名。


いきなり転がるCとRとMなマシン。
久々の林道で3度も転倒し二箇所ほど押しも入ってしまった。お蔭で爽やかな汗をかきました…。つーか我ながらへなちょこ過ぎる。


Tさんは殆ど林道は走ったことないと言いつつ軽やかに駆け抜けていた。ヒルはまだまだか?もちろん私も押しが入ったけど。


そして猿も木から落ちる、弘法も筆の誤りと言いますか、大楽さんが穴にはまる。右斜面の防空壕跡?を覗いていたら足元を掬われたとか。確かに気になる防空壕?ではあった…。


お疲れ様でした。またよろしく。

今年のモデコン。

黄金週間毎年恒例の2days林道ツーリングへの参加は見送り、同じく恒例のモデラーズコンベンションを見てきた。黎明館にて、4日までとの事(訂正しました、失礼)。入場無料ナリ。

キットの素組みからフルスクラッチまで、ガンダム、飛行機、艦船、戦車、自動車(痛車も…)、美少女フィギュア等々。
それにしても、ガンプラ率の高いことよ。最早ガンプラ抜きにプラ模業界は語れまい。
知り合いは今年も出品していた。元気そうで何より。ちなみに全てガンプラだった。

個人的にむむ?、と思ったのはこれ。

戦闘車両の下にLPジャケットが。Led ZeppelinのPhysical Graffitiじゃないですか。
色合いが似てるから…?

Top > Archives > 2010-05

Search
Feeds
Meta

Return to page top