Top > Archives > 2009-02

2009-02

久々の観劇。

鹿児島にもいくつかアマチュア劇団があるのだ。
その中のひとつ、劇団上町クローズラインによるつかこうへい・作、「熱海殺人事件DX モンテカルロイリュージョン」を観た。4回公演の最後の上演を。
内容は、ごく簡潔に述べると取調室での刑事・容疑者計4人のせめぎ合い、とでも言うか。

正直に告白しよう、長台詞のあたりで3回ほど記憶を失った。
それに途中で半ば無関係に挿入される歌のシーンはなんだったんだろう。ミュージカル嫌いの自分にとっては歌が入るだけで減点モノだ。*注
それに上演時間2時間半もきつい。中央公民館の最大の欠点、パイプ椅子でケツが痛かった。

まぁワタシの音楽の趣味が若干変わっているのと同様、この台本が好き好き大好きってヒトもいる訳で。
上町クローズラインが次に何を演じるのかは分かりませんが、つかこうへいモノは二度と見ないであろう。

しかし、役者の熱演ぶりはよーく伝わった。
素晴らしい演技力には感嘆した。それだけでも観た甲斐があったのかも。と言うことにしておきたい。
 
 
*注
とは言え、忘れもしない1985年の高校演劇九州大会、長崎工業の創作演劇だったと思う、で歌われたBeatlesの”Let it be”には感激したんだけどなぁ。あの頃は若かったってことか。

たまにゃあ本を読もうか。

文章が上手くなるには本を読め、と若い頃によく言われたものだ。
では初めに本をしたためた人物は何から学んだのだ?などと屁理屈をでっち上げてあまり積極的に読書をしてこなかったのはやはり若さゆえの過ちでしかなかったと思う今日この頃、如何お過ごしでしょうか。

最近読んだのは用心棒日月抄、藤沢周平・著。時は江戸時代、故あって江戸で浪人暮らしをする主人公。生きていくために口入れ屋(今で言う派遣会社だな)で仕事を貰うが用心棒ばかりではなく…とまぁ色々あるわけだ。なかなか面白かった。次は用心棒日月抄・孤剣。
時代小説ものは池波正太郎の剣客商売とか鬼平犯科帳等を読んで以来だ。あのヒトの作品は食い物の記述が良い。それをテーマに本も書いてるし。読んでないけど。

ちなみに用心棒~の前に読んだのは容疑者Xの献身、東野圭吾・著。映画はまだ観ていない。ガリレオシリーズ初の長編なんだが…うーん個人的にはいまいちしっくり来なかった。トリック?は面白かったよ。いまざっとググってみたらやはり賛否両論のようだ。Amazonのレビューには270件以上あるぜ。多すぎて一々読む気にもならんな…。

かようにwebは便利で色々な情報がすぐに手に入る。blogが一般化され誰でも簡単に自分の主張を発信することもできる。でも下手なエントリーを書けばコメント欄が炎上とか良くあるらしい。皆が貴方のように寛大な心の持ち主じゃないコトを肝に銘じていないとwebでは上手くやっていけないのだ。ハンドルを握ると性格が豹変するヒトがいるように、匿名の書き込みとなると別人かと思うような文字列を並べるヒトがいるものです。そういえばweb上のペンネームのことをハンドルネーム(正確には「ハンドル」のみ)と言うけど関連は……ねーよ。

さて、孤剣の続きを読むかな。

NEC Express5800/S70 Type SD。

  • 2009-02-02 (月)
  • PC

生きてます。

さて、NECが売り出している安価なサーバマシンである。しかし構成は殆どOS抜きのベアボーンPCと言っても良い。ケース、電源、マザーボード、CPU、メモリ、HDD、DVD-ROM、キーボード、マウスと揃っている上にLAN、グラフィックとサウンドもオンボード実装。PCI-E(x16)もあるのでグラフィックカードの増設もOK。Core2QuadなCPUへの換装も出来なくは無い。

Linux(Ubuntu)入れたりWindows7入れたりとテストして素性を確認しつつ、OS等システムをごっそりと移植したのは1月も終わろうかと言う頃だった。

旧メインPCから引き継いだのはOS(Windows XP)とサウンドカード。

追加・交換したものはHDD、メモリ、DVD-RW/RAMドライブのみ。このへんのパーツも以前に組んだ時に比べてかなり値下がりしてる。今の自作ユーザはある意味恵まれてるぜ。その分CPUとかにつぎ込めるわけだし。高止まりなのはOSだ。Microsoft、お前のことじゃー。Vistaとか高すぎ。バージョン分けすぎ。

Ubuntuをいじって普通に使うには十分だと思えたので旧メインPCにはこいつを入れた。予備機として部屋のオブジェと化すがいい。とにかくファンがやかましいし電気を食うのよ。夏は発熱も大変。

その点このS70/SDは静かで低消費電力。CPUはCeleron440(2GHz)。これが馬鹿に出来ない性能を発揮。Pentium4(3GHz)よりもさくさく動く。3Dゲームは厳しいと思うけどそれは今までも同じこと。要するに適材適所で使い分ければいいのであって、PC一台で全てを賄う必要は無い。

昨年12月、とある方にこの物件の存在を教えてもらい安上がりでそこそこ快適に動くPCを組む事が出来ました。感謝感激雨あられ。遂に脱北(コードネームNorthwoodのPentium4からの脱却)完了。

そんな訳でPCばかりいじっていて全くバイクネタが無いのであった。websiteの方も放置プレイが長いなー。

Top > Archives > 2009-02

Search
Feeds
Meta

Return to page top