Top > Archives > 2008-09

2008-09

海上保安庁の公開訓練。

どくろマークの不審船を追う訓練か

大型巡視船に乗って洋上での訓練を公開するイベントが土曜と日曜に開催された。よさりのラリーの準備で申し込みをすっかり忘れていたので新港赤灯台突堤から超望遠撮影。

十管区地域航行警報で訓練海域が発表されていた(緯度経度の三点間、もう削除されている)のでGoogleMapで当たりをつけてみたら新港沖だった、と言う訳。

釣り人に混じって一人望遠レンズで腕をぷるぷるさせていたワタシは何者に見えたであろう。

ヘリから救難士の水中ダイブ、吊り上げとか甲板への着発、巡視艇の放水とか固定翼航空機のローパス(かなりの低高度だった)とか不審船への空砲による警告射撃とかまぁ色々やっていた模様。
なにぶん遠いので良く分からなかったのが残念。

帰ってから写真データを見てみると、ヘリの機内に何やらあやしい影が。

何か文字?

拡大してみると…

篤姫の文字とコスプレ?

篤姫をアピールしていた…。脱力。
海上保安庁の皆様、お疲れ様でした。

FLEX、春日町へ移転の巻。

昨日の事だがプレオープンのお祝い会みたいなものをするのでどうぞ、と言うので行ってきた。寿司が出るらしいし。

…最近のお呼ばれされる面々って、ここ数年で随分様変わりしてる。んでまともに話が出来る人もいなくて居場所が無いのでカズ選手を無理やり呼び出したのであった。もっとも、声は掛けられていたようだがちょっと忙しかったようだ。

始まるのはいつもの如く予定より遅れて(俗に言うフレックスタイム)21時を回っていた。
20数人集まったかな?祝日前と言う事もあってか夜遅くまで酒宴は繰り広げられたとか…。
お寿司や焼き鳥、おいしゅうございました。

地図。住所は「春日町11-23」が正解のようだ。

大きな地図で見る

夕焼け小焼けで日が暮れて。

虹

台風の日の夕方、東の空には見事な虹が出ていた…残念ながらコンパクトデジカメの画角では収まりきらなかった。

台風の日の夕方

その後の西の空はとにかく真っ赤な夕焼けだった。

宇宙にも天気予報がある。

太陽の活動は地球に熱ばかり注いでいるわけではない。太陽風には放射線や高電子エネルギーも含まれていて、それは磁気圏に多大な影響を及ぼす。

短波の電離層反射通信やGPS衛星、通信・放送衛星はもちろんのこと衛星そのものにもダメージを与えることもある。電離層上の軌道上にある宇宙船や国際宇宙ステーションに滞在する人間は放射線をモロに浴びることになるので強い太陽フレアが観測される時は外に出ないで機材の陰でじっとしているらしい。

そこで世界中の機関が太陽を観測しているのだ。例えば日本ではひので衛星があるし、NICT 宇宙天気予報にて総合的なデータの提供がなされている。雨は降らないが太陽風・放射線が降るのだ。

データにはSOHO衛星による太陽黒点数もあるが、ここのところ2ヶ月あまり0状態が続いているようだ。
太陽は静穏なのか?核融合を続けている恒星に向かって静穏も糞もあったものではないが、珍しい状態との事。

それにしても太陽と地球の位置関係は絶妙と言わざるを得ない距離らしい。熱からず寒からず。宇宙は広いが同じような惑星と生命が存在する確率はかなり低いのでは無かろうか。スタートレックのように毎週違った惑星を発見し生命体と遭遇するなんて事は科学者から見れば絵空事かもね(しかしアメリカ人にはユーモアがある。スペースシャトルの1号機の名称はあの「USSエンタープライズ号」から来ているのだから!)。

林道南薩方面、upした。

MZ氏!!

8/31の模様をかいつまんでupした。
興味のある方はご覧下され。

Top > Archives > 2008-09

Search
Feeds
Meta

Return to page top