Top > Archives > 2011-07

2011-07

安らかに眠れ。

大魔神が逝ってしまった。
職場内で交通事故に遭って。
まぁ遅かれ早かれ別れは来るのだが。
陳腐な表現であるが、良い人ほど早く逝ってしまうのは困ったもんだ。
ご家族は本当にやるせない思いだろう。
R.I.P.

キリンさんとおおすみ。


あれに見えるはキリンさん?
正式にはガントリークレーンと言うらしい。コンテナを積み降ろす専用クレーン。


鹿児島県内には志布志港にしかないんじゃなかろうか。
と言うわけではるばる志布志まで来たのはこいつの見学であった。

輸送艦おおすみ。
この間の震災でも災害派遣で活躍してきたらしい。
乗組員の話によると、3月半ばにはインドネシアで災害救援演習の予定であったが、到着寸前のところで報を受けて引き返してきたそうな。誠にご苦労様である。


空母型の全通甲板はとても広い。
ちなみに内部はフェリーみたい。と言うかRORO(Roll on Roll off Ship)船そのものである。

船尾にはLCACと呼ばれるホバークラフト型の揚陸船が二機積まれていて、砂浜に例えばトラックごと上陸できる。港湾が壊滅的なダメージを受けていた今回の震災でも役立ったようだ。

ちなみに志布志まで往復約180km、BW’S100で走ってきた。R10の亀割坂はちときつかったかな、周りが飛ばしてたんで…。遅い車両は登坂車線を走れっちゅーのに。

性懲りも無く、フィルムカメラを使う。

このカメラもその昔サークルの後輩に貰ったもの。その見かけのチープさから、長らく保管庫の中に仕舞いっ放しだったが、遂に日の目を見ることになったわけだ。
YASHICA Partner、沈胴レンズは38mmF4でピント固定(パンフォーカス)、単速シャッター、絞りのみ任意設定可能、フラッシュ付き。ほぼ全てプラスチック製で、軽い。チープさの要因はこの辺にある。
ISO100のネガを入れてパチパチと試写…そしてDPE。
流石はピント固定、遠景がボケボケじゃないか。ピントが来ているのは3mあたりか。
ISO400のネガを入れて絞り込めばもうちょっとマシに写るでしょう。
人物を並べて記念写真を撮る使い方がメインターゲットなんでしょうね。
スナップ派としては、距離計は付いて無くともピント調整は欲しいってとこです、はい。
作例は…スキャンするのが面倒なのでナシ。気が向いたら。

Top > Archives > 2011-07

Search
Feeds
Meta

Return to page top