Top > Archives > 2010-03

2010-03

3/31雑感。

年度末。明日は四月馬鹿の日、我がwebsiteも便乗参加し、閉鎖しますってやったら本気にされたこともあったのはいい思い出だ。

メールをチェックする。相変わらず海外からのspamばかりだ。そんなにバイアグラを勧められても…。世の中のメールの7割はspam…迷惑メールで占められていると言う。トラフィックの無駄遣いだ。掲示板もちょっと目を放すと網を掻い潜って訳の分からんURLの羅列を書き込まれてしまう。誰も見向きもしないし逆効果でしかないのに一向に止まない。一度走らせたプログラムがそのまま暴走してる状態だな。

買い物にスーパーへ行ったらパンコーナーにヤマザキ春のパンまつりのPOPがあり、松たか子が微笑んでいた。それを見てテメオコの投稿コーナー「松たか子目撃情報」と「ヤマザキ春の使者祭り」を思い出して笑いをこらえるのに必死だった。ケンドーコバヤシがやりたい放題なこのラジオ番組も残念ながら今年度で終了だ。
そう言えばついこの間、近所で春の使者を見かけました。その使者は自転車に乗りつつ甲高い声で自販機と会話していました。春の訪れと共に日本の平和を感じた瞬間でした。とまぁこんな感じの投稿を読んだりするんだが、他にもギリギリなネタが多くブラックジョークが過ぎるかもしれない。流石は深夜ラジオである。

久々に自衛隊 鹿児島地方協力本部のサイトを覗いてみたら、今年のエアーメモリアルinかのやは4/11開催とある。例年よりもひと月早い。体験搭乗の申し込みもとっくに終わっていた。残念無念ナリ。
海上保安庁のイベント申し込みは4/12までだ。こっちは去年乗ったからいいか…

都市農業センターの菜の花。

綺麗に咲いていた。



OLYMPUS E-3 ZD14-54mmF2.8-3.5, Macro135mmF4.5

曇天気味でぱっとしない光線加減だった。
大雨が降る前の撮影(3/14)なので今はどうなっているやら。

なお、公式サイトによればまだ見ごろ?かも。

今夜のBGMはAvalon / Roxy Music。

AvalonはRoxy Musicとしては最後のアルバムになるのか?1982年発表。
独特の音空間と言うかBryan Ferry色と言うか、一発でそれと分かるエコーの掛かったあの音が心地良い。声は下手すると気取りやがって!となりそうだが気だるさと嫌味を感じさせないギリギリのバランス。例によって歌詞はあまり重視してないので何言ってるかは良く分からない。一曲目の”More Than This”で「これ以上のものがあるなら教えてくれ、これ以上のものは無いんだ」とか歌ってるところを見ると現状肯定なのか保守なのかとにかく今が一番だと言いたいのか。

耳障りが良くて疲れないので何となく落ち着いた気分になりたい時は好んで聴く。
四六時中同じ系統の音楽ばかり聴いてるわけじゃないし、ハード系の音を受け付けない時はEnoのAmbient系とかSoft Machineの3rdあたりのJazz Rock系とか…。

ヴォーカルで作詞作曲もこなし実質的にバンドの中心人物のFerryはミスターダンディズムとか渋カッコいいと言われるけど、若い頃の写真見ても同じなので単なるオッサン説もある。その他メンバーも色々あるんだけど省略。ギターのPhil ManzaneraとかサックスのAndy McKayとか言っても知名度無さそうであるし。

ところで、以前レンタルCDからテープ(DAT)にダビングした時とその後購入したCDとでは曲順が違っているのは何故だ。今の曲順が正しいらしいが、世の中には謎が多い。

雷鳴轟く雨の深夜。

雷がゴロゴロと鳴っている。
家にいるときはよくラジオを聴く。専らAM放送。雷が近づくとザザザッと空電ノイズが入る。しばらくするとゴロゴロゴロ。時間を計ると距離が分かるかも(大体20℃で秒速340mだったかな?)。それにしても、摩擦で電気が起きることは化繊を脱ぐ時にパチパチくる事からも分かってはいるが、自然のエネルギーってのは桁が違うと思う今日この頃。
そう言えば雷の写真は撮ったことが無い。今後の課題か。

Top > Archives > 2010-03

Search
Feeds
Meta

Return to page top