Top > No Music, No Life

No Music, No Life Archive

最近良く聴くCD。Brian Enoとか。

Another Green World/Brian Eno

Another Green World/Brian Eno、 1975年発表。

70年代Progressive Rock周辺が好みの音楽と言いつつも浅く広くではなく狭く深く聴くタイプなのでそう多くのミュージシャンを語れるわけでもないのが玉に瑕。

Brian Enoを聴くきっかけはKing CrimsonのリーダーにしてギタリストのRobert Frippとの共作を発表しているからである。かつてはRoxy Musicのメンバーで美形だった(!)のでボーカルのBryan Ferryよりも人気があり、嫉妬されてクビにされたとか。曰く、グループに二人のブライアンはいらない、だそうだ。綴りが違うんだけどね。
担当楽器もテープとかノイズとかそんな曖昧で良く分からない位置であった。Ferryと仲違いしたのは間違いなさそう。

まぁその共作一作目”No Pussyfooting”はインストゥルメンタルでA面B面一曲ずつしか入っていなくて実験音楽なんだか環境音楽なんだか、なんともかんとも。Enoのシンプルなシンセサイザーの上をFripp先生のロングトーンなギターが跳ね回る、でいいのか?…音を説明するのは難しい。

それに比べるとこのアルバムは全14曲で、けだるい感じの柔らかいボーカル曲とその後のAmbientへの布石っぽいとも思えるインスト曲が半々。独特の音空間な感じだけど案外聴き易い。
ちなみにFripp先生もギターで数曲参加していて、聴けば一発で分かるあの音色で弾きまくっている。他にもゲストは多く、例えばドラムスはPhil Collins(当時Genesisのドラマー兼時々ボーカル)だったりするんだがあまり特徴とかは無いなぁ。

このあとのEnoはアンビエントなる環境音楽へとシフトして行くがそれはそれで面白い「音楽」だ。”Discreet Music”や”Music For Airports”の制作スタンスは偶然の要素を多く取り入れている。例えばピアノやオルガンのフレーズを数小節録音したテープを複数同時に繰り返し再生させて一部を抽出する、とか。卓越した演奏技術とかは一切関係ない。まぁあくまでも考えられた上での偶然を曲作りに利用している訳か。

BGMとして聴くことの出来る、何処から聴いても一連の流れに拘ることなく聴ける音楽、それがEnoの言うAmbient Musicなのだろう。
ただ、そうした作り手の努力も空しく、その音に意味を見出そうと一生懸命に聴かれてしまうのは一種の禅問答のようでもある。

Another Green Worldは前述のけだるいボーカルも相まって、ちょっと憂鬱な梅雨空のBGMに合うような気がして最近良く聴いているのであった。本国イギリスに梅雨は無いだろうけど。

ちなみにアマゾンのサイトで試聴が出来るかもしれないので興味のある方は検索してみてはいかが。

p.s. 「ぶらいあん・いーの」と発音してね。えのじゃないよっ。
p.s.2 upload後に細部の書き直しを4回くらいした。推敲が足りんのだ。

No Music, No Life.-誰が言ったか知らないが、よく見かけるコトバである。

普段どんな音楽を聴いているのか?と問われたら、めんどくさいので洋楽と答える事にしている。

いまいちメジャーなんだかマイナーなんだか微妙だが、King Crimsonが好きだ。公式CDは殆ど持っている。その他プログレッシブ・ロック系統、80年代ロック・ポップス等々も聴く。
とは言えいつも洋楽ばかりでもなく、ゲームミュージックをBGMにすることもある。一つだけはっきりしてるのは、日本語ボーカルものは殆ど持って無いと言うことだ。

音楽の聴き方は人それぞれだろうけど、ボーカルも楽器の一部として聴いてきたので歌詞が頭に入ってこないようになってしまった。歌詞を否定するわけでは無いんだよ。本当だよ。必ずしも口ずさめるものが必要って訳じゃないって事だよ。

King Crimsonの場合構成が凝っていたり変拍子だったりと素直にノレる曲ではないのがかえって聴き手に注意力を求め、印象に残る。デビューは古く1969年、幾度ものメンバーチェンジと解散、再結成、再々結成等を経て現在休止中(今年は再始動するとか?)。
そのリーダーことロック界一の偏屈王Robert Frippも既に還暦を超え最近では過去のライブをちまちまとwebでダウンロード販売して生計を立てていると言うか、あるならさっさと出してくださいこっちは待ってますよ、という感じである。本業の方も頑張って欲しいものだ全く。

PCに向かって作業してる時はmp3を鳴らしている事が多い。若しくはラジオか。
音楽が無ければ随分寂しい生活だろうな。
とは言え、耳障りなチャラチャラした曲なんて聴く気はしないぞ。FM放送はどうしてああなんだろう。
小沢昭一の小沢昭一的こころは面白くてつい聴いてしまうのに。と言うか、まだ放送してることに最近気付いた。長寿番組だね。

と言うわけで、明日も人生は音楽と共にある、のこころだぁー!

ネッツトヨタのCMでKing Crimsonがッ!しかも頻繁にオンエアされてるねー。

ist、オダギリジョーそしてKing Crimson。
関連性はあまり感じられないんだけど、”Easy Money”のイントロ部分はカッコいいぜヽ(´ー`)ノ
何処ぞのコミュニティには神聖なクリムゾンの曲を使うとは云々とか言ってる頑固オヤジも見受けられましたが…。

トヨタって以前にもクリムゾンの曲を使ってたよなぁ。きっと好きな奴がいるに違いない。

ところで前出の特設サイトでCM動画が見られる。8種類全て閲覧するとCMメイキングムービーも見られるようになるんだが、そこでBGMとしてかかってる曲が誰の演奏なのか知ってる人いませんか?
Flash使ってて重くて見にくいのが難だけど誰か確かめてみて下さいませ…。

旅先での衝動買い。

普段聴く音楽は洋楽ばかりでジャンルもかなり偏りがあるワタシ。

見知らぬ街でぶらりと立ち寄った中古CD・レコードショップでBGMに流れていた曲が耳に残る。
70年代っぽいと言えばそれまでだが、ギターサウンドとコーラスがとても良い。
店員のお姉ちゃんになんてグループ?と尋ねると”Wishbone Ash”だと言う。
名前は知っているが全く聴いたことが無かった。

ジャケットに汚れがありディスクにも少々傷があるので850円とのこと。

その後長い道のりを経て家に帰り、期待を胸にプレーヤーに入れる。
ついでにネットで検索もしてみた。結構有名なアルバムらしい。
“Wishbone Ash / Argus”、1972年リリース。イギリスのバンドだ。そう言えば70年代イギリスものが好みのサウンドなのかも。まぁ一概には述べられないんだけどね。

このジャケットもいい味出している。

それにしても世の中にはまだまだ名盤があるんだろうなぁと思ったよ。

20070603argus.jpg

> No Music, No Life

Search
Feeds
Meta

Return to page top