Top > Archives > 2009-04

2009-04

ひっそりと更新。

先日のサンデーエンデューロの写真をアップしてみた。

サンデーエンデューロ終了。

天気、良すぎ。コース、良好。参加者もほどほど。
各クラスともそれなりに力を出して楽しんだようで何よりでした。
あと、彼女にいいとこ見せようとハッスルし正面ヒルクライムへの誘導を一切無視してまで勝ちに行った某道楽者さん、無事の優勝おめでとうゴザイマス。それをみてにっこり微笑む彼女さん。う、羨ましくなんか無いんだからねっ。
サポート、観戦、その他スタッフの皆さんもお疲れ様でした。

写真は例によって例の如くぼちぼち編集するので多大な期待はしないように。つーか眠いんです。zzz…

大魔神とカズ選手

写真が趣味ですか?いいえ、カメラが趣味です。

ちょっと高級そうなカメラを持っているばっかりに写真の腕もいいと思われがちだがその実は決定的にセンス不足で撮っても撮っても駄作の連発が続きwebネタにも出来ないまさに宝の持ち腐れ状態な今日この頃、皆様如何お過ごしでしょうか。

写真の話を蒸し返すと、機材がいくら良くても漠然と撮っているだけでは後で見返した時に満足できる画像は得られないのだ。
自分が納得できないものがどうして他人の心に何かを訴えることが出来よう。まぁ現実には妥協できる落しどころ…例えばその瞬間はその時にしか得られない。だからこの写真には価値がある、みたいな屁理屈をつけてwebにアップしたりするわけだが。

言うまでもなくメカ好きから写真の道へ紛れ込んでしまったタイプなので写真そのものよりもカメラを弄ったりどうこうしたりと考えたりする方が好きだ。
とは言え一眼レフで色々撮っていると写真はレンズで出来上がりが違ってくることに気付いてしまう。そして増えていく交換レンズ。
必要なものだけ揃えればいいものを、何を撮るのか定まらぬアマチュアはあれもこれもと欲張ってしまう。標準マクロレンズはともかく等倍専用マクロレンズとかシフトレンズなんて何に使うんだ。しかもメインは完全にデジタル一眼レフに移行しているのにも関わらず、以前のフィルム用のシステムばかり買い集めているのだった。中古で。新品ならいつでも買えるがもう生産されていないものとは言わば一期一会なのだ。もっともこれらのレンズもアダプタを噛ませば手持ちのデジタル一眼レフでも使えるので全くの無駄ではない(ま、これも屁理屈に過ぎない。要するに収集癖の一種である)。

さて何故にフィルムカメラ・レンズにこだわる(撮ってないけど…)のか?低感度フィルムと切れの良いレンズを使った時の緻密な画像には目を見張るものがある。が、そんなものもデジカメの便利さの前では風前の灯だ。そう、便利すぎる。感度が自由に変更できたりRAWで撮れば色温度や細かい設定が自在だったりやはり何といっても出来上がりが直ぐに確認できるのが良い。だがしかし、と思うのだ。
アクセルをひねるだけのスクーターは便利すぎて「趣味としてのバイク」とは違うと感じるようなものかもしれない。

なーんて半ば無理やりこじつけてるけどやっぱりライディングも写真も下手なままである。
あくまでも趣味なので他人がどうこう文句を付けようがお構いなしだ。要は本人が楽しめるか否か、それに尽きる。
そんな訳で防湿庫にズラリと並んだカメラやレンズたちは今か今かと出番を待っているのであった。それをニヤニヤと眺めるのもまた楽し。
 

ちなみに4/19(日)のFLEXサンデーエンデューロは例によって例の如くカメラマンです。見かけたらリアクションよろしく。

海風に吹かれてきた。

久々の新港赤灯台ウォッチング。
釣り人は少なかった。
風が強くて寒い寒い。

沖に見えるは「プリンセスわかさ」と「フェリー屋久島2」。毎日追いかけっこするかの如く出て行っては帰ってくる二隻であった。

そうこうしているとジェットフォイル「トッピー2」が。


インべたを爆走していった。フェリーの遅さに我慢ならなかったのか。
日本人は高速な乗り物が好きだよなぁ。時は金なり、か。
ちなみにガスタービンエンジンなので始動音だけ聞くと飛行場にいるかのようだ。

四月馬鹿。

今年もあちこちのサイトがエイプリルフールをやっている模様。
エイプリルフールに便乗しているサイトまとめ2009年版 – GIGAZINE
Googleもかよ。

それにしてもこの時間帯は動作が重いな、このサーバ(一度投稿に失敗してやり直した)。そろそろ乗り換え時なのかも。

Top > Archives > 2009-04

Search
Feeds
Meta

Return to page top