Top > Archives > 2007-02

2007-02

今日は雨でした。

  • 2007-02-25 (日)
  • Trip

先日県外在住の旅好きの後輩からメールが来た。
去年のゴールデンウィークに西表島で激闘してきたらしい。
西表島で激闘…、水曜どうでしょうファンなら何のことかすぐ分かるであろう。分からない人には説明が難しいから自分で調べてくれたまえ。求めよ、されば与えられん。である。

最近はテレビのCMでも「詳しくはネットで検索」みたいなのがやたら多いけど、PCを情報ツールとして使いこなしている人間はまだまだ少数派だと思う。しかし、このブログを見ているアナタのPCはネットに繋いであることはほぼ間違いない事実。検索エンジンの発達した今なら簡単なこと。ナローバンドでも問題ない。尤も、ネットの情報は全て鵜呑みにするには危険だと思うけどね…。まぁそれは他のどのメディアでも同じ事が言えるはずだけどね。情報の取捨選択と的確な判断とは難しいものです。

とか何とか言いながらネットに頼った生活をしている今日この頃であった。
だって色々便利なんだもの。その後輩も「キングオブ深夜バス」のくだりを見てメールしてきたわけだし。情報は世界を駆けめぐるよ~。ついでに世界中から迷惑メールがやってくるよ~(ナイト隊のwebsiteでメールアドレスを公開してるから。ちなみにサーバー側で弾いているんだが完全ではないのよね。これからブログやwebsiteを公開しようとしてる人よ、メールアドレスの公開には細心の注意を払いましょうね)。

さて、旅の始まりとして例えば小さい頃自転車に乗れるようになった時にそれまでの行動範囲が格段に広がり、出来るだけ遠くに行って帰ってくるだけでそれは一つの冒険というか旅というかそういうことがあったのを思い出した。
西表島は遠くに行くことが目的の旅としてはいい目標かも知れない。自然がいっぱいだとか海が綺麗だとかはその辺でも目的を達することが出来るし、そもそも自分的に旅に何を求めているかというと観光地巡りだけはしないってポリシーがあるくらいだ。要は本人が納得できれば何でもいいんだろうさ。
今は、冬の日本海と豪雪が見たいんだが実行は難しいかも。つーかもう春っぽいし。

小径車のデメリットなのか…

我が折りたたみ自転車のFrogは12インチのホイールサイズだ。コンパクトに折りたたむことを優先した結果の選択でしょうな。おかげで中型のコインロッカーに入れることが出来るのよ。ちなみに兄貴分のBD-1は18インチだ。
しかし…この半年で後輪のスポークが二回も折れた。小さすぎるのも考え物か。
そのスポークも極端に短いサイズ。基本的にメンテナンスは自分でやる派なんだが流石に自転車用の工具、ねじ切り器(正確には転造器だ)は持ってないし…。んでプロにお世話になってます。
坂之上サイクルステイションの中島さん、いつもありがとうございます。
ちなみにブログはこちら。まめに更新していてネタ満載です。誰かさんとは大違いだ(笑)。

まじめに作業中

Frogのリアホイール

プロ曰く、このスポークの組み方は折れやすいそうだ。タンジェント組み、つーのが一般的に用いられているらしい。もう少し様子を見て、将来的には組み直しも視野に入れておこうと思ったのであった。
乗り方ももっとソフトにせねばならんかな。と言ってもハードに走れるような自転車ではないってば。

いくら南国でも、冬は寒い方が好きだ。

暖冬にもほどがあるって。
今日の鹿児島市の最高気温は19℃だとさ。自転車で疾走(と言うほどスピードは出ないが)したら汗かいたよ。花粉も順調に飛んでるらしく、ぼちぼちむずむずしてきたようなしないような。
今日は快晴だったが明日は雨になるとか。H2Aの打ち上げがまたもや延期されたねぇ。失敗すると何百億の損失だから仕方ないけど、取材のマスコミ陣は滞在費がかさんで大変かもね。裏を返せば、地元種子島は大儲かり。ロケット様々だったりして。
どうでもいい話だが、種子島の海の玄関、西之表港の灯台はロケット型である…。

桜島もくっきり

ブレッドボードを買ってみた。

電子工作が趣味の方ならおなじみのブレッドボード。
基板にはんだ付けする前にパーツを差し込み、回路を構成して実験できる優れモノ。と言いつつ、購入したのはつい最近だったりして。

いやー、これは便利。もっと早く買っておけば良かった。だけどパーツをうまく並べるのにもセンスが必要だ。

IC-R5をPCでコントロールするの図

ちなみにこれはレシーバーのメモリをPCで書き換えるためのソフトのインターフェースなんだが、今時?感抜群のRS-232Cである。ノートPCではとっくの昔に廃止されたと思われるD-sub 9pinコネクタ使用。
俗にレガシーインターフェース(Legacy Interface)と言われるが、直訳すると遺産インターフェース即ち時代遅れの…。ちなみにスバル・レガシーに乗ってる人が時代遅れだと言うことではないぞ、念のため。

ノイズは何処から?

  • 2007-02-16 (金)
  • PC

PCそのものが一番のノイズ源だとも思うんだが、電源回路がノイズを放っていることが多いみたい。

うちの場合、長いこと中波(AM放送)~短波帯にかかる広帯域ノイズに悩まされてきたんだけど、原因はルーターのACアダプターだった。長年の電源入れっぱなしでの経年変化なのか、中国四千年の成せる技(MADE IN CHINA)なのかは分からんがとにかく別のモノに交換したらノイズがぱたっと消えました。

それにしてもこの世は電波に囲まれた生活だよなぁ。TV、ラジオ、携帯電話、家電製品等々。電子レンジなんてもろに発振器だし。
人は便利さを知ってしまうとそれを手放せなくなってしまうが、目に見えないそれが人体に及ぼす影響も見えにくいんじゃないかと。放送局の技術系スタッフの家庭の子供は女の子が多い、ってのは都市伝説なのかしら。

林道ツーリングとは(途中略)その2。

続き。
昼飯食べて、また走る。濡れた左半身はまだ乾かない…。
何本か爽やかな林道を走りつつ、枝道に入ってみたり、引き返したり。

行き止まり、Uターン

でもそんな感じで探索するのも面白いんですよ。
この先はこんな所に繋がっていたのか!って新たな道を発見出来たら嬉しいでしょ?

そしておニューのブーツで挑むカズ選手。足首が曲がらなくてギアチェンジやらブレーキングにも難儀していた様子。

どーしたんだぁ

その後数本林道を駆け抜けて。とある枝道ではひとり探索に行ったMくんがバイクを置いて道に迷ったりしながら最後の難関へ…。
この坂は結構ガレていてつづら折れだったので途中で止まると再スタートが厳しい。

Iくん頑張れ

この直前にアタックしたカズ選手は坂をゴロリと一回転したそうだ(ワタシからは見えなかった)。落ちなくて良かったね、ほんと。でもブーツは傷だらけ…。

そして最後に上がったワタシは案の定途中で失速し、押しが入りヘルプを貰い、やっとの思いで激坂を押し上がりました。ひぃひぃ上がっていくと、ムラちゃんがKさんにガソリンを分けて貰っているではないか。えー、4ストのXRなのに燃費悪すぎ。カズ選手のCRMでさえリザーブにもなってないのに!

給油中?山のガソリンは高いぞ~

まぁそんなこんなでトラブルも多かったけど充実した一日を過ごせました。
皆の衆、また走りましょうぞ。

Continue reading

林道ツーリングとは、トラブルとの戦いである。

今年二度目の林道ツーリングへ。今度は天気もいいぞ。快晴だ。暖冬のおかげでそれほど寒さを感じなかったけど朝晩はやっぱり寒いや。リエゾン用の冬用グローブで出掛けます。
集合場所へ行くとずらずらとオフ車が停まっている。今日は9台になりそう。目指すは北薩方面らしい。

姶良のサティ前

早速リエゾンを移動するわけだが、後続の道楽者M谷氏が急に近寄ってきて「ガソリンが漏れてる」と指摘されたのであった。昨日ガソリンタンクのパッキンゴムを交換したときにごみが入ってキャブをオーバーフローさせているに違いない。有馬さんのキャブをばらさないで直す裏技によって漏れは止まった。一安心。

二本目?の林道の途中でムラちゃんが突然止まる。何事かと思ったらアクセルワイヤーが切れたと言う…。今日はトラブル続きなのかしらん。皆での応急処置によって問題なく走れるまでに復活。メカニックがいっぱい。

滅多に切れないと思うんですけど…

これまた次の林道を出たところで、M谷氏のXRに異音が!ドライブスプロケットを留めているフィキシングプレートが摩耗してスプロケが空回りしそう、つーか実際応急処置後も数百メートルしか持たずに終了であった。ドナドナドーナ、ド~ナ~。困ったときの大魔神頼み、召還魔法が携帯電話で発せられた!大魔神は直ちに現場に急行した!(はずだったんだけど、合流できたのは夕方だったとの噂もあり。)
さようなら、また会う日まで…。

ごめんね置いてけぼりで

その後、ガレ気味の林道で転倒…よりによって水たまりでッ!左半身水浴びしたんだよ。
よい子のみんなは季節外れに水に入るのはやめましょう。寒いです。

キカイダーのようだとカズ選手に言われたよ

続く(かも)。

Top > Archives > 2007-02

Search
Feeds
Meta

Return to page top